お客様の声


デジタル領域における動画ビジネスでNo.1を目指す

「デジタル上における動画制作のノウハウが圧倒的に違います」

                 モバーシャル株式会社 川合泰祐副社長

モバーシャル株式会社の川合副社長は、そう言います。
「CM制作会社など、動画制作を行う会社は数多くあります。
しかし、デジタル上の動画に特化した会社はまだ少ないのが現状です。
当社はWeb動画黎明期より、累計10,000本を超える動画の制作実績があります」


現在7期目の同社は2007年3月に創業。米GoogleがYoutube社を買収してから半年ほど経った頃でした。
まだ携帯電話はガラケーが全盛の時代であり、一部の先進ユーザーがPCで動画を楽しむことはあったものの、一般的には「ネットで動画を観る」ということが認識されていなかった時代です。

そんな中、同社の創業メンバーは「必ずデジタル領域での動画コンテンツの時代が来る」と将来をにらみ、その分野に特化した会社を興したとのことでした。
そのような時代からデジタル上の動画に特化し、ノウハウを蓄積してきたのです。

「ノウハウ蓄積の秘密はそれだけではありません。他の映像制作会社が制作の多くの部分をアウトソーシングする中、弊社はクリエーターを社内で抱え育てることにこだわっています。
これにより時代の変化が激しいデジタル動画業界においてもノウハウをためながら、より効果的な動画を制作し続ける事ができております。」

同社の社内クリエーターは「バンタン」や「デジハリ」という大手映像制作の専門学校の講師をされたり、映像会社には珍しくマーケティングチームがあり、常に海外の映像制作に関するトレンドを調査したりと、最新のノウハウを貪欲に吸収しつづけているそうです。


企画・制作から動画広告配信までワンストップ


このように常にデジタル上の動画制作のノウハウを蓄え続けている同社ですが、現在では制作に留まらない領域に活動を拡げています。

「昨年夏に、米TubeMogul(チューブモーグル)社と業務提携し、動画広告配信も手がけています。我が国では動画広告は2013年150億円規模ですが、すでに米国では2,000億円規模となっており、今後有望な分野です」

動画広告とは、例えばYouTubeで動画を再生する際に最初に表示される広告のようなものです。 「最近ではナショナルクライアントと言われるような大きな企業も、この分野の広告に興味をもっており、当社への問い合わせも日々増えてきております。

そんな中我々モバーシャルは、動画広告の提案・運用、広告映像の企画・制作、動画の効果測定までワンストップで提供できるのが強みです。
また大手広告代理店とタッグを組み当社がデジタル周りを担当するケースも多くあります。」

また、動画広告もネット上で配信する以上、「どれだけクリックされたか」ということが効果指標となります。
その点にも、川合副社長は圧倒的な自信をもっています。 「自社で企画・制作から配信まで行っているので、【どのような動画がクリックされやすいか】というノウハウが全て蓄積されています。 現在では、クライアントに提案する際、その効果について数値で説明できるようになっています」

プロダクションが母体だからこそ、同社の広告配信には他社にはない大きなアドバンテージがあるようです。 今後も、デジタル分野の動画を軸に様々に活動を拡げていく、とのことでした。


お願いして良かったこと

「我々モバーシャルが起業して1年目、全く大手企業に相手にされなかった頃、ニトリ、ぐるなび、サントリーなど、大手企業をクライアントにすることが出来ました。 1社大手と取引が始まると、2社3社とご縁ができ、そして5社6社と繋がる。我々が起業後スムーズに成長してこれたのは、大手企業とマッチングして頂いたことが大きいです」

川合副社長はそうおっしゃいました。
もちろん、高い技術力があるからこそ、大手クライアントも同社との取り引きを始めたことは間違いありませんが、名もないベンチャー企業は、大手企業の担当者と出会うだけでも大変です。

無名でも有望なベンチャー企業を大手クライアントとマッチングさせ成長を確実なものとさせる…それは我々のミッションそのものであります。

モバーシャル社には今後もさらに大きく飛躍して頂きたいと考えております。




「マーケティング力と人材力」の強みを活かし、顧客視点のビジネスを実現

マーケティング力と人材が強み

         
株式会社ユナイテッドパートナーズ 加藤秀章社長


「物件開発のマーケティング力、そしてお客様を徹底サポートする人材。この2つが我々の強みです」

株式会社ユナイテッドパートナーズの加藤社長はそう言います。
同社はワンルームマンションの経営や投資用不動産を求める顧客に提案を行う不動産コンサルティングを行っています。

お客様に必要な情報を提供するナビゲーターとしてだけではなく、投資用マンションの開発・販売、購入後のオーナー様のサポートまで、トータルで対応しています。

現在、都市型ワンルームマンションの経営/投資は大変な人気です。その理由は、高利回りな資産形成の他、生命保険や節税対策のためにも最適だからです。また住宅ローンサービスを使えば、少ない資産でも始めることもできるというのも魅力の一つです。

このように様々なメリットのあるワンルームマンション経営/投資ですが、それだけに競合他社も多く存在しますが、しかし競合他社を寄せ付けない秘密が、冒頭にもあった同社の強みです。


同業他社より高い家賃保証(サブリース)を実現

まずマーケティング力。具体的には「物件の選定力」「単身の方の趣向にあったマーケティング力」に優れているとのこと。これは不動産業界一筋の加藤社長率いる同社だからこその強みでしょう。
この強みが、お客様に大きな付加価値を与えます。

マンション経営/投資において、お客様が何より気にするのは収益性です。その収益性は、「投資したマンションが、どれだけ賃貸物件として魅力的であり、より高い賃料で多くの方に住んで頂けるか」ということにかかっています。

実際に、同社が提案するマンションの入居率は一般に比較して高くなっています。
これだけでも同社を選ぶ理由は充分な気もしますが、さらに、同社では業界平均85%程度というサブリースの保証率を90%に設定しています。

「サブリースの保証率」とは、いわゆる家賃保証のこと。同社はサブリースや集金代行システムなど、お客様の購入後のサービスにも力を入れているのです。


顧客のリスクを減らす、顧客視点でビジネスを考える

人材については「不動産業界一筋」で「顧客視点でビジネスを考える」ことを徹底している加藤社長が、自社人材に徹底してその理念を共有することを実践している点が強みです。
その考え方は社名にも表れています。「顧客満足の獲得のための『結束』」、それが社名の由来だそうです。

先に挙げた「同業他社より高いサブリース率」や「物件開発からご購入後に至るまでの長いライフサイクルで顧客に寄り添う姿勢」などを実現できるような、常に顧客と寄り添う人材育成に力を入れています。


お願いして良かったと思うこと

顧客起点での経営を続ける加藤社長に、お願いして良かったことを聞きました。
「すぐに、住宅ローンサービスの提携先として、業界最大手の金融会社を紹介して頂いたことが本当に助かりました。

業界最大手だけあって、非常に敷居が高い金融機関だったのですが、紹介して頂くと、先方の担当者も本当に丁寧に提携業務を進めてくださいました。

「ビジネスマッチングサービスのレベルの高さに驚きました」実直そうな加藤社長に大変丁寧にお答え頂いたので、こちら(インタビュワー)の方が恐縮してしまいました。

実はこのインタビュー、加藤社長とのコンサルティングの最中にお時間頂いてお話を伺ったのですが、インタビューが終わるころには、加藤社長が次に提携を考えている某クレジット会社の会長秘書から、担当部署をご紹介して頂くお電話が入って来ました。

この新しいマッチングが躍進を続けるユナイテッドパートナーズの発展の一助になることを、心から願っています。



.