NO.35


事業内容 / 課題

当社メンバーは設立以前よりインターネットを利用した主にエンドユーザー向けの海外輸出入
事業を行ってきました。特にメンバーの一人が十数年ワインバイヤーとして経験を持つことから
今回、日本の未輸入ワインを直接ワイナリーから仕入れ、販売することになりました。

現在、自社販売サイトを作成中であり、今秋には楽天ショップでの販売も始めることが決まって
おりますが、当社が扱うワインは小規模のワイナリーの物が多いため、質の良いものを扱う飲食店
様や飲料販売に特色を出したいと思われる企業様との提携による販売がでればと思っています。

JV先へ与えられるメリット

1 当社が直接買い付けをした数量限定ワインを販売することにより、店舗の販売戦略
  として使ってもらえる。

2 パートナー店舗、企業オリジナルのワインラベルを提供する事により、キャンペーン
  やイベントの利用、お客様への限定販売といった様々な用途が見込め、販売拡大
  につながる。

提携することによるパートナー様の負担は実質ありません。

試飲会やソムリエによる各種イベントなど、当社が全て行います。

JV先から得たいメリット

1 パートナー様に販売できるため、安定した販売と仕入れができる。
2 提携パートナーを持つことによる企業イメージのアップが期待できる。
3 パートナー様の顧客リスト。
.