NO.37


事業内容 / 課題

全国の理工系大学は女子学生の数が非常に少なく、どの大学、学部も女子学生の獲得の取り組みに力を
入れている。技術立国日本としても他の主要国と比較して女子学生が少ないことは、そのまま女性エン
ジニアの数に繋がるもので国策としては対処すべきほどの課題といえる。
その課題を解決するため、弊社では「女の子のための理工系進学情報誌」「Happy Techno logy」を発行
している(年1回)
現在、そのほとんどが大学様のご紹介のみであり、理工系んお企業様のご紹介が少ないことが課題。

JV先へ与えられるメリット

1 広告代理の際に御社へお支払する代行費を、通常販売価格の3割のところ、今回は
  5割お支払いたします。

2 広告の製作に関しては、その一切を弊社にて行います。

JV先から得たいメリット

「Happy Technology」をはじめた、「理工ガール増進プロジェクト(RKG)」
の企業への提案をご協力していただきたい。
「理工ガール」を社会貢献。
ブランド構築。
金銭的利益
.