NO.29


事業内容 / 課題

国内産小麦粉とホシノ天然酵母でのパン作りを文化の1つと捉え、30年以上も安心、
安全なパンを作り続けている。食文化の伝承と探求が目的の1つであると同時に日本
全体のパンの文化を引き上げたい。併設しているパン教室と東京都の経営改善計画に
係る承認を受け事業活動を行っているが、思ったほど売り上げが伸びないまま低迷して
いる状態を打破したい。

JV先へ与えられるメリット

パートナーの販売実績に寄与することが出来る
技術獲得の手助けができる
社会的な価値観の上昇が期待できる
パートナーも含め、多くの方々の健康に寄与することが出来る
「真の美味しさとは何か」を掘り起こすことが出来る
相手の熱意と誠意

JV先から得たいメリット

食文化の伝承と拡充ができる
国内産小麦の自給率の向上が図れる
技術習得の希望者が増える

障害者施設等に技術指導を行い技術提供先の施設では、デパート、生協、ホテル等にも
販売し成果を上げている。また、レストラン、カフェ等で他店との差別化を図る意味で
取り入れている。
尚、まったくの無塩のパン及び減塩のパンの需要も少しづつではあるが増加傾向にある。
今後、医療関係にもアプローチする必要性を感じている。
レストラン等でも、他店との差別化を図る意味でも技術の習得に力を貸す用意がある。
.