NO.78


事業内容 / 課題

医食同源という意味で、体に良いものはいい食物から取り込む事が絶対必要と考え、
来院状態の源を純国産品で断ち切ることをコンセプトに、原料供給のソースを10種
類程作ってきました。
これを体系立てて販売したい。

JV先へ与えられるメリット

新しい概念で製造した食品の供給で、健康食品より一歩進んで病気の予防、治療が可能
となるので、新しい販売ルートの開拓が実現できる。

実績
1きくぞーカプセル(アルコール対応食品)・・・1000名以上で好評価されています。
2インフルエンザ対応抗体タブレット・・・感染しても発症が抑えられる。
3日本山人参・・・朝鮮人参の5倍程の効能を持つ薬草。糖尿病に効果大。
4アンデス山人参(マカ)・・・疲労回復、不定愁訴に効果あり。
5そば粉(ルチン3%以上含有)・・・高血圧が10日間で正常値に。
6冬虫夏草カプセル・・・癌患者での知見あり、鹿児島で生産。
7スーパーミネラルWATER・・・活性水素を添加した鹿児島県川内市の温泉水。
8アクアロケット・・・痛風の発作の痛みが10分で改善、腰痛、肩こり、歯痛に
 効果大。」

JV先から得たいメリット

開発商品の販売ルートが確立されれば、原料の生産、供給を一緒にしている農家等の
収入が確保される。
.