NO.32


事業内容 / 課題

弊社は幼稚園、保育園、認定こども園むけソフトウェアを開発し、自社商品として
販売しています。弊社は営業部が存在しなしいわゆる、ソフトウェア会社です。
これまでの販売スタイルは、幼稚園にコピー機を収めているOA機器メーカー様などか
ら引き合いがあった時に出向いて営業をかける、という基本的には受動的なものでした。
今後は、マーケティングのプロセスを自社で構築してダイレクトレスポンスマーケティ
ングに取組、弊社の商品の販売先となる、幼稚園、保育園、認定こども園の既存客リス
トをすでにお持ちの企業様と提携を組むことで新規開拓をしていきたいと思います。

JV先へ与えられるメリット

弊社のソフトウェアは業務系ソフトウェアですが、幼稚園向けの他社の商品の中に同じ
価格を提供するものはほとんど見当たりません。つまり、「日常業務の効率性、確実性の
改善が課題の幼稚園」をターゲットとして考えた場合、その市場の中で強力な場合は、
ほとんど存在しない、と言えます。その一方で、幼稚園自体には日常業務の効率性、
確実性を改善したいといったニーズは弊社のリサーチの中でも確実にあり、いまだに紙で
の運用を行っていうところも多いので、一定の市場規模があり、きちんと価値を伝えれば
きっとご購入いただける、そんな新商品を今すぐラインナップに加えることが出来ます。
開発リスクはありません。
また、競合がほとんど存在しないので価格競争に陥ることなく、一定のコミッションが
期待できます。そして、購入ていただくとおそらく劇的に業務の効率性、確実性が向上
しますので、お客様からの信頼をさらに増すことができます。また、パートナー企業様
から購入した場合のみ特典として提供することが出来るオプションのご用意もありますの
で、その点でもお客様にお得感を感じていただき、感謝されるはずです。

幼稚園、保育園、認定こども園の既存客リストを企業様であれば、DM発送時にこちらで用意したチラシを同封していただく、または訪問時には手渡ししていただくだけで結構です。もちろん面倒なセールストークは必要ありません。あるいはお名前を貸していただけるだけでも結構です。それだけで、本来得られなかったパートナー企業様の本業とは全く別の収入を手に入れることが出来ます。金銭的な投資もコストも必要ありませ。時間的な投資もコストも必要ありません。受け取ったコミッションはほぼ利益になるはずです。

JV先から得たいメリット

メインのメリットは、見込客である幼稚園に信用されることです。
また、サーバーやパソコン、ネットワークなど、弊社の部品を利用する前に必要となるハードウェアの環境
構築業務と、利用後に必要とるハードウェアの保守業務を請け負っていただく事も、役割分担の中に考えています。弊社の商品もマーケティングプロセスの中でフロントエンド商品として販売しようと考えていますが、場合によってはもっとベネフィットがわかりやすくて、もっと低価格な商品がもう1つあった方が良いかもしれないと考えています。また、信頼性を構築する段階で提供する情報コンテンツがありませんので、
幼稚園にとって価値ある情報コンテンツをお持ちの企業様から手に入れられたと思っています。
.